大谷自動車のブログ

2020年11月の投稿

タイヤの空気圧について

2020.11.29

タイヤの空気圧について

 

こんにちは!
大谷自動車です!

皆さま、タイヤの空気圧、定期的に点検されていますか?
実は、長期点検されていない方が急増しています…。


大きな理由として、よく聞く話ですと、
「そういえば最近セルフのガソリンスタンドが増えたから全然見ていない。」
という方が大半を占めています。


私もセルフでガソリンを入れていますが、「空気圧見ましょうか?」
と言われたことはほぼありません…。


では実際、どのタイミングで点検しますか?


オイル交換毎?
車検毎?


オイル交換毎ですと、お客様によっては1か月周期の方もいらっしゃれば、半年周期の方もいらっしゃいます。
前者の方ですと良いのですが、後者の方ですと、空気圧がかなり減っています…。
車検毎になるともっと…です…。

皆さま、自転車をイメージしてみてください!
タイヤの減りに関しては正直実感しにくいと思います。


が!
空気が減っている状態で走ると、ペダルが重いし、平坦な道でもずっとペダルをこいでいないと止まってしまいそうになりますよね?


ということは、体力の消耗が激しい状態になってしまいます…。


車に例えると、必要以上の力が必要になる…イコール燃費の悪化につながりますし、タイヤがたわんでいることによりタイヤの内側や外側がすり減ってしまい、寿命がかなり短くなり、タイヤ交換のサイクルが短くなってしまいます。


そうならないために、タイヤの空気圧の点検はこまめに、
理想は月に1回!遅くても2~3か月に1回は点検しましょう!


そうすることによりタイヤの寿命が伸び、燃費悪化も防げ、万が一のパンクの早期発見にもつながります!

大谷自動車ではタイヤ空気圧の点検のみでのご来店も大歓迎です!


もちろん、無料です!✨


皆さま、タイヤの空気圧は非常に重要ですので、是非、定期的な点検を心がけてくださ
いませ!!

 

 

大谷自動車オイル館インスタグラム開設

2020.11.22

大谷自動車オイル館インスタグラム開設

 

こんにちわ! 大谷自動車です!

11月に入り、朝晩の冷え込みが厳しい季節になってまいりましたね。

大谷自動車のオイル交換専門店オイル館では9月2日にオイル館専用の 公式インスタグラムアカウントを開設いたしました!

 

今まで、大谷自動車のアカウントはありましたが、オイル館の専用アカウントは初めてです。

オイル館公式アカウントでは様々なキャンペーンやお得な情報等 自動車に関するお役立ち情報を毎日発信します。

オイル館では現在、公式インスタグラムフォロワー数10.000人チャレンジを しております!

チャレンジに成功すると何か記念キャンペーンが始まるかも…。✨

 

さらにさらに、大谷自動車で車検を受けられるお客様は、 月に一度抽選を行いその中から限定1名様に車検費用全額キャッシュバックキャンペーンなども 行っており、その抽選発表もオイル館の公式アカウントで行っております!

 

ぜひ一度覗いてみてください!

↓皆様の、いいね!と公式アカウントのフォローをお待ちしております。↓

大谷自動車オイル館 インスタグラム

気にしてる?「タイヤの消費期限」

2020.11.20

気にしてる?「タイヤの消費期限」

 

こんにちは!

今回は大谷自動車和歌山店よりお届けします!

 

タイヤの消費期限

突然ですが、タイヤには消費期限があります。

みなさんご存知でしょうか??

 

メーカーが推奨している消費期限は4~5年です。

ぱっとみは綺麗なタイヤで溝が十分にあり、ひび割れが無かったとしても、タイヤの使用状況によっては目に見えないゴムの劣化が進行している場合があります。

タイヤの溝は、走行距離約5,000kmで1mm摩耗するといわれています。

タイヤは1.6mm以上の溝が無いタイヤで走行していると道路交通法違反となるので、走らせるためには1.6mm以上が必要です。

新品タイヤには約7mm前後の溝がつけられており、単純計算で(7mm-1.6mm)×5,000km=27,000km走行をすると、タイヤの溝は1.6mmになります。

タイヤの溝が4mmになったら、タイヤの交換をするようタイヤメーカーは推奨しており、溝が4mm以下になるとタイヤのグリップ性能が低下といわてれいるので、交換目安にされることが多いです。

 

スリップサイン

スリップサインとはタイヤ側面の△印あたりの溝にある盛り上がりのことを指します。

ちなみにスリップサインの盛り上がりとタイヤの溝が同じだと1.6㎜しか溝がない状態です!

ですが、スリップサインが出てからタイヤを交換するのではなく、雨の日の運転で、少し滑りやすくなった、少し制動距離が伸びた気がする……などを感じたら、それはタイヤを交換するタイミングです!

もし気になったらご自身の車の△印を確認してみてください!!

 

 

まとめ

タイヤの寿命は約4年前後、距離は3万キロ前後、年数が経てば硬化したりヒビ割れが多くなったりして状態は悪化する一方。

まだまだ大丈夫!!と思って使用していると事故に繋がる可能性が大きくなるので一度確認して頂いて、必要であれば交換をお勧めします。

空気圧の調整や確認は1ヶ月もしくは2か月スパンがオススメです✨

 

 

愛車無料点検 実施中!!

2020.11.15

愛車無料点検 実施中!!

 

皆さんこんにちわ!!

大谷自動車オイル館です!!

 

皆さん大切なお車のメンテナンスは、日頃から十分にされてますでしょうか?!

大谷自動車・オイル館では、オイル交換等の作業時に愛車無料点検の 実施をおすすめさせて頂いています。

 

★★★愛車無料点検 点検項目★★★

・タイヤ点検

・バッテリー点検

・ワイパー点検

・ウインドウォッシャー点検

・灯火類点検

・冷却水点検

以上の6項目を国家資格を持った整備士がしっかりと点検させて頂きます!!

 

普段車に乗っていて、気づきにくいタイヤの空気圧・ヒビ割れ等の劣化状態や バッテリーの健康状態も専用のテスターで診断します。

またワイパーゴムの状態、ウォッシャー液やエンジンの冷却水等の補充、 各灯火類に球切れがないか等もしっかりと点検致します。

 

来週は3連休!!長距離ドライブへ出掛ける前に、ぜひ愛車無料点検はいかがでしょうか?!

大谷自動車・オイル館のご利用、ご来店スタッフ一同心よりお待ちしております✨

 

 

大谷自動車が解説!軽自動車はなぜ魅力的なのか!

2020.11.14

大谷自動車が解説!軽自動車はなぜ魅力的なのか!

 

こんにちは。

大谷自動車です✨

 

今回は大谷自動車でイチオシである、軽自動車の魅力についてご紹介していきたいと思います。

 

 

軽自動車の魅力はズバリ!!

①小回りの利く日本向けサイズ

②お手軽な維持費

③手続きが簡単ですぐに乗れる

④バリエーション豊富なラインナップから選べる

です!!

 

①小回りの利くサイズ

まず、なんといっても軽自動車の一番の魅力はどんな道でもぐんぐん進んでいけるサイズ!

軽自動車のサイズは、全長3400mm×全幅1480mm×全高2000mm以下。さらに定員4名以下、排気量660cc以下と決められており、ほどんどの車種がこのサイズいっぱいに販売さています。

いっけん大きく見えるスペーシアとかわいらしいラパンも、背の高さ以外は同じサイズなんです!

最小回転半径も4.2mからなので、狭い道でもコントロールしやすいサイズなので、免許取得後はじめて乗るクルマとしてもオススメです✨

 

②お手軽な維持費

軽自動車は維持費も魅力的!

・クルマ本体価格が安い

軽自動車は普通車に比べて、本体価格もお手頃です。

普通車で150万円ほどからスタートの本体価格が多いですが、軽自動車は本体価格80万円台から新車が買えてしまいます✨

・毎年の税金が安い

クルマを所有すると毎年やってくるのが、自動車税、、、。

普通車を所有していると最低でも毎年25,000円の税金がかかってしまいますが、軽自動車は一律で10,800円なので、1年に一度の支払いであっても倍以上金額に差がでてくる形になります。

・ランニングコストが安い

その他の諸費用として、クルマの任意保険やガソリン代、駐車場代、高速道路料金など普通車より安く設定されている場合が多く、年間の維持費もお安く済ませることができます。

 

③手続きが簡単ですぐに乗れる

普通車の登録には、まず警察での車庫証明の取得が必要です。そこから車両の登録手続きになるので、車があっても納車まで一週間以上かかってしまいます。

しかし軽自動車の場合、認め印と住民票で翌日に登録可能なので、車を選んでからすぐに納車することができます。

 

④バリエーション豊富なラインナップから選べる

軽自動車は、多様な車種も魅力の一つです。今回は大きく3タイプにわけてご紹介します。

・セダンタイプ

まず低燃費・低価格が魅力のセダンタイプ。

背が低いながらも、燃費はバツグン!普段の通勤やセカンドカーにおすすめ✨

・ワゴンタイプ

バランスのとれた優等生ならぬ優等車のワゴンタイプ。

セダンよりも広く使い勝手が良い荷室と、カタチが豊富で自分好みの一台がきっと見つかります!

・スライドドアタイプ

広い車内でお子様の乗り降りや荷物の積み下ろしもラクラク✨

高額車種だと100万円後半の車体価格ですが、その価値に見合った便利装備が満載です!

まとめ

いかがでしたでしょうか✨

こんな軽自動車を大谷自動車では常時在庫を300台以上取り揃えております。

一度ご来店いただければ、当社自慢の車を、当社自慢の営業スタッフがしっかりとご紹介させていただきます!

お話だけでも結構ですので、ぜひお気軽にお越しください✨

 

 

 

クルマのこまったシリーズ。。。 「えんじんがかからない リモコンキー編」

2020.11.12

クルマのこまったシリーズ。。。

「えんじんがかからない リモコンキー編」

 

あれ、、、

ある日突然、車のカギが開かない、、、

どうしよう、、、

 

そのトラブル!リモコンキーの電池の消耗が原因かもしれません!

 

クルマのキーは、以前より押しボタン式のリモコンキーは多くの車種に採用されてきました。

近年多くみられるキーフリータイプは以前のリモコンとは異なり、電池の寿命が全く違います。 速い物だと1年未満、長くとも3年もあれば電池は減ってしまいます。

それは置いているだけでも電波の やり取りが常時行われる為で、旧来の押したときのみ電気を使うタイプと異なる点です。 自宅に帰っておいている間も、職場で仕事をしている最中も『常に』電気がつかわれます。

 

便利な反面厄介なものですね。。。

 

一部車種にはメーター内に電池残量が表示される場合のあるので、これを判断材料にするのも良いかと思います。

一時テレビ番組でも取り上げられた『リレーアタック』も 常時電波のやり取りが行われているから可能なものです。 あまり知られていませんが 自動車の近くにリモコンがあるとよく電池を消費するようです。 自宅などで玄関に鍵を保管する事も多いと思いますが、防犯上の観点からも、電池の消耗を抑える 観点からも、玄関先(車から近い場所)にリモコンを保管する事はおススメいたしません。

 

また、電池交換の際には普段使用しているリモコンだけでなく必ずスペアリモコンの電池も同時に交換してください。

いざと言う時に予備のキーが予備として 使えません。。。使わなくても消耗している

基本は予備キーも同時交換をおススメしております。

 

当店でもいつでも交換可能ですので、お気軽にお越しくださいませ✨

 

以上、クルマのこまったシリーズ第1弾でした!!🚙

 

 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/vhosts/otani-j.co.jp/httpdocs/blog/wp-includes/script-loader.php on line 2678