大谷自動車のブログ

2020年09月の投稿

大谷自動車 今週のチラシ情報 9/26~9/28

2020.9.25

こんにちは!
大谷自動車です!

 

突然ですが、、、

 

現在、秋の全国交通安全運動というのが行われているのはご存知でしょうか??
運動の実施期間は、9月21日(月)~30日(水)の10日間で、運動期間最終日の9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。

依然として交通事故死傷者のなかで歩行者の割合が高く、子どもや高齢者の被害が目立つだけでなく、自転車の事故も多発しています。
横断歩道は、歩行者優先であり、運転者には横断歩道手前での減速義務や停止義務があります。
歩行者に先を譲るのは、マナーではなく「ルール」です。

ドライバーのみなさま、これからも安全運転でドライブをお楽しみください✨

 

 

さて、一気に涼しくなってきた今日この頃ですが、大谷自動車は今週も「全部あげますキャンペーン」継続中です!!🔥
これを機に、ドライブレコーダー取り付けていただく方もたくさんいらっしゃいます!

自身の安全運転と、ドライブレコーダーで平和なカーライフを送りましょう✨

 

大阪店

和歌山店

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
お問い合わせはこちら↓

https://www.otani-j.co.jp/contact/

人気軽SUV 新型タフト&ハスラー 大谷自動車5番勝負!!

2020.9.25

人気軽SUV 新型タフト&ハスラー 大谷自動車5番勝負!!

 

こんにちは!
大谷自動車です!!

さて今回は、2020年発売の人気車種、ダイハツ・タフトとスズキ・ハスラーのご紹介です。
街中でも徐々に見かけることが多くなってきて、気になっている方も多いのではないでしょうか!
ハスラーは1月に、タフトは6月に発売され順調に販売台数を伸ばしている2車種ですが、人気の秘密を5番勝負でご紹介します。

① 燃費

② 内装

③ 外装

④ 機能性

⑤ 安全性能

 

①燃費

スペーシアと同じくマイルドハイブリッドが追加され、WLTCモードで25.0km/Lを記録しています。
このハイブリッドにより、減速時のエネルギーを利用して発電し、専用バッテリーに充電。その電力を活かして、加速時にモーターでエンジンをアシストしてくれます。
このWLTCモードとは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードであり、以前のJC08モードより実走行に近い計測方法なのでリアルな数値となっております。
最近の燃費計測はこのモードであることが多く、購入後に以前よりカタログ値と差がでにくくなってきています。

対するタフトですが、同じくWLTCモードの測定で20.5km/Lとなっており、決して悪くない数値ですが、燃費に関してはハスラーに軍配があがります✨

 

②内装

両車ともカラーパネルを使用したデザインで、多数の収納が用意されています。
そんな中で注目は、タフトに標準装備されているスカイフィールトップ!!

これにより他車では味わうことのできない開放感があり、今までとは違う風景が見れるので運転がグッと楽しくなります!!✨
天井がガラス張りだと個人的に雨の日の運転がものすごく楽しみです🌂笑
もちろん紫外線&赤外線をカットするガラスになっており、スカイフィールトップ自体の開閉はできませんが、開閉できるシェードがついているので、いつでも快適なドライブを楽しめます。

この装備が軽自動車で標準装備はなかなか高ポイントではないでしょうか!!スカイフィールトップの可能性を評価してタフトの勝利!

ハスラー

タフト

 

 

③外装

元々カラフルなツートンカラーが人気だったハスラーが、前モデルから厳選したツートン設定を含めて11色展開、タフトは9色展開となっております。

両車とも多彩なカラーバリエーションで展開されており、ハスラーであればデニムブルー・バーミリオンオレンジが。
タフトはレイクブルー・フォレストカーキ・サンドベージュが新色として登場しました。
カラーバリエーションは、ハスラーが2色多い展開です。

 

 

 

そんな中から、自分好みの一台に仕上げられるよう、オシャレなデカールやバンパー、フロントグリルなど、純正で多数のアクセサリーパーツも販売されており、外装の自由度はハスラーがやや高めかと思われます!

また、アルミホイールも各上位グレードに設定されており、外装の項目は、ハスラーがリードです✨

 

 

 

④機能性

今回の車はアウトドア仕様ということもあり、撥水シートやリアゲート下の収納と、お出かけ向きに仕上がってます。
そんな中で、目を引くのがタフトの電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド!オートモードに設定した場合は、シフトを[P]レンジにすると自動でパーキングブレーキが作動します。また、アクセルを踏むと自動的に解除されるため、スムーズに発進できます。


オートブレーキホールド機能は、「HOLD」スイッチを押し、システムONの状態にしておくことで、渋滞や信号待ちなどでブレーキを踏んで停車した時に、ブレーキペダルから足を離してもブレーキを保持するので安心です。日ごろ当たり前に行っているひと手間ですが、これに慣れてしまうと、他の車でブレーキを踏み続けるのがわずらわしく感じてしまうかも?✨

ただ一点、タフトの荷室のアレンジが惜しい!
ハスラーはリアゲートを開け、後ろからでもシートの前後ができますが、タフトのリアシートは固定なので、アレンジの幅は少な目です。

ですがこの面を考慮しても、機能性の項目ではタフトが一歩リードではないかと思われます!

 

 

 

⑤安全性能

 

SUZUKI Safety Support スズキの予防安全技術

 

ハスラーには、「スズキ セーフティーサポート」。タフトには「スマートアシスト」という安全装置が装備されており、両車ともサポカーS<ワイド>に適合しています。
安全性能と聞くと、主に自動ブレーキをイメージされる方が多いかと思いますが、ほかにも様々な機能がついております。
例えば車線逸脱警報や、ふらつき警報、先行車発信お知らせ、オートハイビーム等、日ごろのドライブを支えてくれる機能が充実しております。

自動ブレーキの性能も、以前はモノにしか反応しない、夜間は反応しづらい等ありましたが、夜間の歩行者とも衝突回避をサポートしてくれるシステムです。

万が一前からの強い衝撃時を受けた時にも、運転席・助手席・左右ドア・左右ガラスから6つのエアバッグにより乗員を保護してくれます。
安全性能は両車互角でドローとします!

 

まとめ

この5番勝負ですが、ハスラーが「燃費」「外装」、タフトが「内装」「機能性」。
そして両車「安全性能」と勝負自体はドローになりました!

両車同ジャンルのクルマのため、比較対象になることが多いと思いますが、今回紹介できていない便利な装備・機能がまだまだあります!
大谷自動車ではハスラー・タフトとも展示車を用意しておりますので、ぜひ一度店舗へお越しいただき、現車を見てみてください✨

ハスラーかタフトか!

ぜひご検討ください!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

問い合わせはこちら↓

https://www.otani-j.co.jp/contact/

大谷自動車 今週のチラシ情報 9/19~9/22(今週は火曜日も営業します)

2020.9.18

こんにちは!
大谷自動車です。

 

9月もあっという間に折り返しとなりました。

今週末は敬老の日、秋分の日があり4連休ですね✨
どこかにお出かけの予定はございますか??

 

今週は22日の火曜日も営業しておりますので、
4連休すべてご来店いただけます!!
お出かけの予定がある方もない方も、ぜひ大谷自動車へお越しください🚙

Go To OTANI!!

 

大阪店

和歌山店

みなさまのご来店、心よりお待ちしております。
お問い合わせはこちら↓

https://www.otani-j.co.jp/contact/

大谷自動車 今週のチラシ情報9/12~9/14

2020.9.11

こんにちは!
大谷自動車です✨

 

9月も中盤になり、過ごしやすい季節になってきましたね🌞
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と色々ありますが、みなさんの〇〇の秋はなんでしょうか??

ちなみにスポーツの秋といわれるようになったのは、1964年の東京オリンピックの影響というのはご存知ですか?✨
もともと運動に適した気候ではありましたが、オリンピックをきっかけに更にスポーツに親しもうとする気風が高まったそうです。

オリンピックは延期になってしまいましたが、来年を楽しみにこの秋も元気に体を動かしましょう!

 

 

さて、今週のチラシは「大谷の秋」を感じられる内容となっており、
決算目玉車をオドロキの価格でご用意しております!!🔥
ぜひ一度ご来店ください!!

 

大阪店

和歌山

みなさまのご来店、従業員一同心よりお待ちしております。
お問い合わせはこちらから↓

https://www.otani-j.co.jp/contact/