大谷自動車のブログ

マフラーから謎の水滴が、、、

2021.5.5

マフラーから謎の水滴が、、、

 

 

こんにちは!

大谷自動車サービス部です!

皆さん車を乗っていて、マフラーから水『水滴』が出るという不思議な現象を見た事ありますか?

 

サービス入庫のお客様で「たま〜にマフラーから水が出るんやけど〜…」っておっしゃる方がいますが、問題ないケースが多いです!

むしろ車の健康状態良いという状態です!

 

水滴がでる理由

①ガソリン燃焼時の水

マフラーから水『水滴』が出る理由としては、いくつかありますが1つ目はガソリンが燃焼する時に発生する水です。

ガソリンには水素〔H〕が含まれている。

そしてガソリンを燃やすのに空気=酸素〔O〕がいる。

 

そうです!

 

ガソリンに含まれている水素〔H〕と空気中の酸素〔O〕が結合して水蒸気〔H2O〕=水が出来るというわけです。

全く問題ございません!

 

 

②結露による水

2つ目は冬などの寒い季節!

よく聞く結露です!

空気は、温度が高いほどたくさんの水分を含むことができます。

一方、温度が低くなると、空気中に含むことができる水分の量は少なくなってしまいます。

その結果、空気が冷やされると、それまで暖かい空気に含まれていた水分が、空気中に含みきれなくなってしまい、水滴(結露)となって現れるのです。

 

まとめ

マフラーから水が出るのは上記二つの場合が多いので、特に問題はございません。

ですが!もし車の下から水がでてきているという場合。

エンジンオイルや冷却水といった走行に不可欠な液体漏れの可能性が考えられるので注意が必要です。

 

なにか車の異常を感じるようであれば、お気軽に大谷自動車までご連絡ください✨