大谷自動車のブログ

クルマのこまったシリーズ。。。 「えんじんがかからない リモコンキー編」

2020.11.12

クルマのこまったシリーズ。。。

「えんじんがかからない リモコンキー編」

 

あれ、、、

ある日突然、車のカギが開かない、、、

どうしよう、、、

 

そのトラブル!リモコンキーの電池の消耗が原因かもしれません!

 

クルマのキーは、以前より押しボタン式のリモコンキーは多くの車種に採用されてきました。

近年多くみられるキーフリータイプは以前のリモコンとは異なり、電池の寿命が全く違います。 速い物だと1年未満、長くとも3年もあれば電池は減ってしまいます。

それは置いているだけでも電波の やり取りが常時行われる為で、旧来の押したときのみ電気を使うタイプと異なる点です。 自宅に帰っておいている間も、職場で仕事をしている最中も『常に』電気がつかわれます。

 

便利な反面厄介なものですね。。。

 

一部車種にはメーター内に電池残量が表示される場合のあるので、これを判断材料にするのも良いかと思います。

一時テレビ番組でも取り上げられた『リレーアタック』も 常時電波のやり取りが行われているから可能なものです。 あまり知られていませんが 自動車の近くにリモコンがあるとよく電池を消費するようです。 自宅などで玄関に鍵を保管する事も多いと思いますが、防犯上の観点からも、電池の消耗を抑える 観点からも、玄関先(車から近い場所)にリモコンを保管する事はおススメいたしません。

 

また、電池交換の際には普段使用しているリモコンだけでなく必ずスペアリモコンの電池も同時に交換してください。

いざと言う時に予備のキーが予備として 使えません。。。使わなくても消耗している

基本は予備キーも同時交換をおススメしております。

 

当店でもいつでも交換可能ですので、お気軽にお越しくださいませ✨

 

以上、クルマのこまったシリーズ第1弾でした!!🚙